設備メンテナンスへの転職におすすめ3社を紹介│設リべ
設備メンテナンスへの転職におすすめ3社を紹介│設リべ » 設備メンテナンスってどんな仕事? » 設備保全の将来性

設備保全の将来性

目次

設備保全の目的・実施から見る重要性

企業の時間的・経済的損失を防ぐ役割

リードタイムの短縮や生産性の向上が日々求められている製造業において、設備保全は非常に重要な役割を果たしています。

不具合の発生によって生産ラインが部分的に停止、または完全に停止してしまえば、生産はストップしてしまい供給に遅れが出てしまいます。

稼働停止による時間的・経済的な損失を回避しないことには、効率化による生産性の向上は実現できません。稼働停止を防ぎ、滞りなく生産を続けられる環境を作るのが設備保全の仕事です。

従業員の安全を守る役割

設備の故障や劣化は、製品やサービスの不良品率の上昇につながります。原材料費のムダを可能な限りなくして品質の悪化を防ぐには、設備の定期的な点検と不具合やトラブルの早期発見、そして適切な対処が必要です。

企業には従業員の安全を守るため、労働環境を整備する義務があります。設備機器を安全に使うのはもちろん、予期せぬ設備の故障によって重大な事故を引き起こさないためにも、定期的な点検やメンテナンスは欠かせないのです。

設備保全の仕事は、製造業における安定供給とそこで働く従業員の安全を守るためにも、非常に重要であると分かります。

AIやロボットに仕事を取って代わられる可能性は?

AI技術の進歩によって、人に代わりロボットが行える作業が増えてきているのは事実です。しかし、今すぐにAIやロボットに仕事を取られてしまう可能性は低いでしょう。保全業務を専門に行うAIを開発するためには、膨大な学習データが必要だからです。優れた能力を持つAIを開発しようとするほど、時間もコストもかかるもの。簡単に開発できるものではありません。

AIに保全業務を行わせるには膨大な学習が必要

特に保全作業は、日常的な設備保全や事後保全だけではありません。予知保全や予防保全など、「予測」が必要な業務、異常が発生した際に適切に対処する突発的な業務も含まれます。そのためにはAIも膨大な学習が必要であり、その分、開発にはコスト負担が大きくなります。

現状は設備保全をAIやロボットで代替するのは難しい

テクノロジーは日々進歩を続けていますが、ときに従業員の命にもかかわる保全の仕事を、AIやロボットに代替させるのは現状では難しいと言えます。

仮に近い将来、AIやロボットが一部の仕事を代わりに行ったとしても、予期せぬトラブルや突発的な異常など、イレギュラー時の対応は人の手で行われるものです。通常の保全業務に加えて、新しい技術や設備に関する知識を積極的に取り入れておくことこそ、現実的と言えるでしょう。

このサイトでは設備メンテナンス・保全業界への転職に不安を抱えている方に向けて、
あなたが求める働き方別に、おすすめの会社3社を紹介しています!

設備メンテナンス・保全の採用、転職希望者におすすめの求人3選

これまで以上にスキルが求められるようになる可能性

現在、設備保全の業界では、保全技能士フィールドエンジニアの不足が課題となっています。保全技能士とは工場の生産設備の保全に必要な知識・技術を持つと認定された有資格者で、フィールドエンジニアとは、自社商品、主にIT機器の顧客対応を行える人材で、納入サポートや定期的なメンテナンス、トラブルシューティングなどを幅広く行える人材です。多くの業界においてICT化やDX化が進んでいることから、特にこれらのスキルが強みとなる可能性大です。

技術の発展により設備性能が向上

生産ラインのオートメーション化、高度化など、技術の発展によって生産設備はより高機能・高性能になりました。稼働停止を避け、製品を安定供給できるようになったことで、生産コストの削減にもつながっています。

一方で、設備性能の向上によって保全業務にもハイレベルな専門教育が必要とされるようになっています。安定稼働が当たり前となってきたことで、設備保全により厳しさが増していると言えるでしょう。

保全業務は更に高度な知識・対応が必要に

近年、製造業ではさらなるリードタイムの短縮が求められており、設備の故障やトラブルによるダウンタイムをどう縮小できるかが課題となっています。特に生産設備は、保全作業に見落としがあると怪我や事故といった労災につながる可能性もあります。日々の業務においても、予防保全・予知保全に対する高度な知識や対応力が必要になっていくでしょう。

保全業務は需要が高く将来性がある仕事

生産設備のオートメーション化や高度化が進む製造業や生産の現場では、安定供給を維持するために重要な役割を果たす保全業務は需要が高く、今後も将来性のある仕事です。DXと同時にICT化も進む今、より専門性の高いスキルや知識を高めておくことで、よりステップアップできるでしょう。働くスタイルや時間帯など、自分にあった会社を選べばより働きやすい環境を得られます。

設備メンテナンス業界に
転職したい人におすすめの会社一覧

未経験者をとことん応援してくれる会社に入りたい人
におすすめの会社
グリーンテック
(物流・マテハンのメンテナンス)
グリーンテック採用サイト

引用元:グリーンテック採用サイト
(https://www.gt-recruit.com/job_introduction/maintenance)

おすすめの理由
  • 10種以上の資格が会社負担で取得可能
  • 定着率は98%(2023年3月時点)
  • 成長が見込める物流業界で、
    スキルアップを目指せる

グリーンテックの
募集要項を見る

最初から給料の高さ
求めている人
におすすめの会社
エス・イー・シーエレベーター
(エレベーターの設備メンテナンス・保全)
エス・イー・シーエレベーター採用サイト

引用元:エス・イー・シーエレベーター採用サイト
(https://www.sec-recruit.com/)

おすすめの理由
  • 基本給は一律225,000円
  • エレベーター保守の台数は50,000台以上
    (2023年3月時点)
  • 昇降機等検査員が300名以上在籍
    (2023年3月時点)

エス・イー・シーエレベーターの
募集要項を見る

育児・介護制度
を求めている人
におすすめの会社
中西製作所
(厨房機器の設備メンテナンス・保全)
中西製作所採用サイト

引用元:中西製作所採用サイト
(https://www.nakanishi.co.jp/recruit/)

おすすめの理由
  • 家族や友人に入社をお勧めされる
    「ホワイト企業認定」
  • 配偶者出産の休暇や育児休暇の取得もサポート
  • 各社員が平均10日間程度の取得を実現

中西製作所の
募集要項を見る

     
 

【 このサイトに掲載する会社の選定条件 】
2022年1月13日時点、「設備メンテナンス 採用」「設備メンテナンス 求人」「設備メンテナンス 転職」等でGoogle検索し、公式HPに中途向けの設備メンテナンスに関する求人を掲載している67社を選定。
【3選に掲載する会社の選定条件 】
上記会社の中から、希望の勤務地の求人が見つかりやすいよう「北海道、宮城、神奈川、愛知、大阪、広島、福岡」に拠点がある会社を選定。加えて以下の条件をもとに3社を選定しました。
・グリーンテック…未経験者向けの求人があり、国家資格を含む 10 種類以上の資格が会社負担で取得可能(該当企業の中で唯一)。
・エス・イー・シーエレベーター…高専卒の月収が最も高い(該当企業の中で唯一)。
・中西製作所…該当企業の中で唯一「ホワイト企業認定」「 2022 年認定くるみん」を取得している。

 
※参照元:中西製作所公式HP(https://www.nakanishi.co.jp/recruit/company/index.html)