設備メンテナンスへの転職におすすめ3社を紹介│設リべ
設備メンテナンスへの転職におすすめ3社を紹介│設リべ » 設備メンテナンスってどんな仕事?

設備メンテナンス・保全ってどんな仕事?

目次

設備メンテナンス・保全とは?

未然に事故を防いだり、施設が安定稼働するようにサポートしたり、機械のトラブルがあった際に駆けつけたりと、安全を陰で支える仕事が設備メンテナンスです。

どんな設備でも、メンテナンスなくして、稼働し続けるものはありません。

何もしなければ、いずれトラブルが発生し、不良品の発生や生産効率の低下を招くことになります。

最悪の場合は事故につながることもあり、安全性が脅かされてしまうことも。

そんな事態を未然に防いで、設備を万全な状態で維持することを目指した設備メンテナンスの仕事について、詳しくご紹介しています。

設備メンテナンス・保全とは何か
詳しく見る

設備メンテナンス・保全の種類

設備メンテナンスの対象になる設備には、工場などで製品を製造する「機械系」や給水や排水に関する「給排水設備系」など、さまざまな種類があります。

そして、こうした全ての設備に共通して言えることは、正常に稼働しなければ価値や利益を生み出すことができないということです。

工場の安定性を維持するために大切な役割を担う設備保全の仕事について、詳しくご紹介しています。

設備メンテナンス・保全の種類を
詳しく見る

このサイトでは設備メンテナンス・保全業界への転職に不安を抱えている方に向けて、
あなたが求める働き方別に、おすすめの会社3社を紹介しています!

設備メンテナンス・保全の採用、転職希望者におすすめの求人3選

設備メンテナンス・保全に向いている人の特徴

設備メンテナンスに向いている人の特徴として機械をいじるのが好きな人、小さな変化に気づく観察眼のある人、ものづくりへの興味・関心が高い人、設備メンテナンスに活かせる資格を持っている人がよく挙げられます。設備メンテナンスは日常的に機械を取り扱いますので、本質的に機械に対して抵抗感が無い人が向いているようです。

設備メンテナンス・保全に向いている人の特徴
を詳しく見る

設備保全業務のキャリアパス

設備保全の仕事に就くとき、将来の自分がどんな職位や職務に就けるかが提示されていると、働き甲斐やモチベーションアップにつながります。このように、企業が従業員の将来の「道筋」を用意する制度がキャリアパスです。設備保全業務には、どんなキャリアパスのイメージがあるのでしょうか。

設備メンテナンス・保全業務のキャリアパスを
詳しく見る

設備メンテナンス・保全とビルメンテナンスの仕事の違い

設備メンテナンスと合わせて、ビルメンテナンスも転職の選択肢として考えている方も多いのではないでしょうか。

どちらも欠かせない仕事ですが、仕事内容については詳しく知らないという人向けに、それぞれの違いを解説。

設備メンテナンスとビルメンテナンスの仕事の違いを知って転職先を決めたい、どちらの仕事にも興味があるという人は、参考にしてみてください。

設備メンテナンス・保全と
ビルメンテナンスの違いを
詳しく見る

設備保全に必要なスキル

設備保全の仕事をする上で求められるスキルには、不具合の原因を調査するために必要な機械図面・電気図面の読解力やPLC/シーケンスの知識、機械構造の基本理解などがあげられます。また、チームでの作業がほとんどになるため、コミュニケーション力も欠かせません。そのほかの必要なスキルや意識、仕事に役立つ資格などについて解説します。

設備メンテナンス・保全に必要なスキルを
詳しく見る

設備メンテナンスのトラブル

設備機器にトラブルが発生した場合、無駄な人件費や不良品が発生したり、製品が製造できなかったりと大きな損失を生む可能性があります。トラブルの種類によっては故障をある程度予知できるものもあるため、予防保全でトラブルの発生を回避することが可能。設備メンテナンスを怠ると重大なトラブルにも発展しかねないので、適切な保全活動に取り組むことが大切です。

設備メンテナンスのトラブル
について詳しく見る

設備保全の将来性とは

リードタイムの短縮や生産性の向上が求められる製造の現場において、設備保全は稼働停止による時間的・経済的損失を防ぎ、従業員の安全を守る非常に重要な役割を果たします。オートメーション化・高度化が進む現場において、ICTに関する知識など、新しいスキルや技術を積極的に学び入れる姿勢が将来のさらなる活躍につながるでしょう。

設備メンテナンス・保全の仕事の将来性
について詳しく見る

設備保全のDX化

ITやIoT、AIといったデジタル技術を活用して、事業のシステム化やオートメーション化を促進しながら情報の一元管理体制を構築するDX化は、設備の老朽化や動作状況をモニタリングしてリスク分析やメンテナンス計画に反映させる設備保全と非常に相性が良いといえます。

設備保全におけるDX化や、DX化で解決できる課題についてまとめました。

設備保全のDX化を
詳しく見る

設備メンテナンス業の人材育成

設備メンテナンス業では慢性的な人手不足が問題となっており、今後はさらに従業員の高齢化や定年などによって人材不足が深刻化していくと懸念されています。そのため設備メンテナンス業の安定的な継続には新人や若年層の人材育成へ取り組むとともに、中途採用の人材についても適材適所のマネジメントが重要となっていきます。

設備メンテナンス業の人材育成を
詳しく見る

設備保全のTPMとは

TPMとは、生産現場におけるロスを防いで合理的・効率的な生産環境や製造工程を実現することを目的として、1971年に公益社団法人日本プラントメンテナンス協会(JIPM)から提唱された概念です。TPMでは設備や人、原材料などに関して16大ロスを策定しており、それぞれの解消を全ての人員で協力して目指していく必要があります。

設備保全のTPM
について詳しく見る

設備メンテナンスの仕事を辞めたい

設備メンテナンスの仕事を辞めたいと感じる理由は色々と考えられ、だからこそ設備メンテナンスの仕事を辞めたいと思った時には理由や対処法についてきちんと理解することが大切です。設備メンテナンスの退職原因になるポイントや、退職前に検討すべき事柄などをまとめていますので、いざという時に備えて参考にしてください。

設備メンテナンスの仕事を
辞めたい場合について
詳しく見る

設備メンテナンス・保全業界に
転職したい人におすすめの会社一覧

未経験者をとことん応援してくれる会社に入りたい人
におすすめの会社
グリーンテック
(物流・マテハンのメンテナンス)
グリーンテック採用サイト

引用元:グリーンテック採用サイト
(https://www.gt-recruit.com/job_introduction/maintenance)

おすすめの理由
  • 10種以上の資格が会社負担で取得可能
  • 定着率は98%(2023年3月時点)
  • 成長が見込める物流業界で、
    スキルアップを目指せる

グリーンテックの
募集要項を見る

最初から給料の高さ
求めている人
におすすめの会社
エス・イー・シーエレベーター
(エレベーターの設備メンテナンス・保全)
エス・イー・シーエレベーター採用サイト

引用元:エス・イー・シーエレベーター採用サイト
(https://www.sec-recruit.com/)

おすすめの理由
  • 基本給は一律225,000円
  • エレベーター保守の台数は50,000台以上
    (2023年3月時点)
  • 昇降機等検査員が300名以上在籍
    (2023年3月時点)

エス・イー・シーエレベーターの
募集要項を見る

育児・介護制度
を求めている人
におすすめの会社
中西製作所
(厨房機器の設備メンテナンス・保全)
中西製作所採用サイト

引用元:中西製作所採用サイト
(https://www.nakanishi.co.jp/recruit/)

おすすめの理由
  • 家族や友人に入社をお勧めされる
    「ホワイト企業認定」
  • 配偶者出産の休暇や育児休暇の取得もサポート
  • 各社員が平均10日間程度の取得を実現

中西製作所の
募集要項を見る

     
 

【 このサイトに掲載する会社の選定条件 】
2022年1月13日時点、「設備メンテナンス 採用」「設備メンテナンス 求人」「設備メンテナンス 転職」等でGoogle検索し、公式HPに中途向けの設備メンテナンスに関する求人を掲載している67社を選定。
【3選に掲載する会社の選定条件 】
上記会社の中から、希望の勤務地の求人が見つかりやすいよう「北海道、宮城、神奈川、愛知、大阪、広島、福岡」に拠点がある会社を選定。加えて以下の条件をもとに3社を選定しました。
・グリーンテック…未経験者向けの求人があり、国家資格を含む 10 種類以上の資格が会社負担で取得可能(該当企業の中で唯一)。
・エス・イー・シーエレベーター…高専卒の月収が最も高い(該当企業の中で唯一)。
・中西製作所…該当企業の中で唯一「ホワイト企業認定」「 2022 年認定くるみん」を取得している。

 
※参照元:中西製作所公式HP(https://www.nakanishi.co.jp/recruit/company/index.html)