設備メンテナンスへの転職におすすめ3社を紹介│設リべ
設備メンテナンスへの転職におすすめ3社を紹介│設リべ » 設備メンテナンスってどんな仕事? » 設備メンテナンスでのトラブル

設備メンテナンスでのトラブル

目次

設備メンテナンスで発見されるトラブルとは

設備メンテナンスの仕事をしていて遭遇するトラブルとしては、劣化故障や突発故障、初期故障、摩耗故障などがあげられます。定期的な検査による予防保全である程度故障を予知できるものもあれば、予知が困難で事後保全が必要になる故障も。トラブルによっては大きな問題に発展しかねないものもあるため、適切な保全活動に取り組むことが大切です。

設備トラブルは大きな損失につながる

設備トラブルが発生した場合、製品の品質を保証できず、顧客への安定供給も難しくなります。また、深刻なトラブルだとメンテナンスや修理のために工場の運転を一定時間停止する必要があり、製品が製造できないことによる損失が発生。また、復旧までの間の無駄な人件費や不良品の発生などの損失が生じる可能性もあります。

トラブルの原因究明やメンテナンス・修理などの事後対応がスムーズにいかなかった場合、工場の停止時間が長引き、損失も膨大になりかねません。設備トラブルによる損失の発生を防ぐためにも、適切な設備メンテナンスを行うことが重要になってくるのです。

メンテナンスが必要な故障の種類

劣化故障

設備や部品が劣化し、機械の性能を発揮できなくなる故障です。劣化による故障の例としては、冷却ホースの水漏れや油圧ポンプの流量低下などがあげられます。予防保全などの定期検査で劣化の度合を確認することで、ある程度の予知が可能です。

突発故障

設備の稼働中に突発的に発生する故障です。突発故障の例としてあげられるのは、スクリュー破損による機械停止や電動機の軸受け破損による送電停止、Vベルトの破断による搬送停止など。劣化故障と違って定期検査などでの予知が難しく、重大トラブルに発展するケースもあります。

間欠故障

一時的に故障状態になるものの、しばらくすると元の状態に回復するといったことを繰り返す故障です。社内LANの定期的な通信遮断や搬送ロールの共振、パソコンのソフトエラーなどが間欠故障に該当します。

初期故障

設備の使用開始後から比較的早い段階で、設備機器の設計・製造上の問題、設備の設置環境などが原因で発生する故障です。

偶発故障

初期故障の期間が過ぎ、摩耗故障の期間に入る前に偶発的に発生する故障です。設備機器の寿命を示すバスタブ曲線における安定期に見られる故障で、摩耗故障前の機械設定の入力間違いによって発生することもあります。

摩耗故障

時間経過に伴う金属疲労や摩耗、老化現象などによって症状が悪化する故障です。チェーンの偏摩耗による断裂や印刷ロールのメッキ剥がれ、Vベルトの摩耗劣化によるドロー異常などが摩耗故障に該当します。摩耗故障期に入った設備は、寿命が近い状態です。

このサイトでは設備メンテナンス・保全業界への転職に不安を抱えている方に向けて、
あなたが求める働き方別に、おすすめの会社3社を紹介しています!

設備メンテナンス・保全の採用、転職希望者におすすめの求人3選

メンテナンス不備によるトラブル事例

ライン停止

某工場において主力設備の故障により生産ラインが停止し、出荷の大幅な遅れを招くというトラブルが発生しました。故障の原因は、部品を定期的に交換せずに規定の頻度を超えて使い続けていたためです。

工場では保全対応として毎週末にメンテナンスの時間を設けていたものの、生産がタイトでメンテナンスのために設備を止めるわけにはいかず、実際には行われていなかったとのこと。また、今まで故障したことがないからとメーカーが推奨している部品の交換頻度も守られていなかったことが判明し、今回の主力設備の故障へとつながりました。

生産性を確保するために保全活動を軽視した結果、主力設備が故障して生産ラインが停止するという事態に陥り、膨大な損失を生んでしまったというトラブルです。

参照元:日経XTECH(https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00040/00001/?P=2

設備保全でトラブルを改善した事例

システム活用によって機械トラブルが減少

自動車部品メーカーでは作業用機械などに発生したトラブルについて、記録報告書を手書きにより作成・管理していたせいで過去の事例や問題点を即時に把握できないという状態が続いていました。そのためスマートデバイスとセンサーを活用した設備管理システムを導入したところ、情報管理が適正化されトラブル防止策も合理化されました。

参照元:製造業DXマガジンSmartF(https://smartf-nexta.com/archives/1541

破損前の予兆検知が可能に

食品製造会社では菓子の包装工程において搬送機械が突発的に故障し、製造ラインが停止する問題が発生していました。また特殊な機械は交換に時間がかかり、解決に時間がかかって損失が拡大していたことも重要です。

そこで設備メンテナンスに予知保全システムを導入した結果、故障前の予兆を検知可能になって事前対策が可能になりました。

参照元:【PDF】平成30年度食品産業イノベーション推進事業(農林水産省 食料産業局 食品製造課株式会社 日本能率協会コンサルティング(JMAC))(https://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/soumu/attach/pdf/seisansei-7.pdf

未経験者をとことん応援してくれる会社に入りたい人
におすすめの会社
グリーンテック
(物流・マテハンのメンテナンス)
グリーンテック採用サイト

引用元:グリーンテック採用サイト
(https://www.gt-recruit.com/job_introduction/maintenance)

おすすめの理由
  • 10種以上の資格が会社負担で取得可能
  • 定着率は98%(2023年3月時点)
  • 成長が見込める物流業界で、
    スキルアップを目指せる

グリーンテックの
募集要項を見る

最初から給料の高さ
求めている人
におすすめの会社
エス・イー・シーエレベーター
(エレベーターの設備メンテナンス・保全)
エス・イー・シーエレベーター採用サイト

引用元:エス・イー・シーエレベーター採用サイト
(https://www.sec-recruit.com/)

おすすめの理由
  • 基本給は一律225,000円
  • エレベーター保守の台数は50,000台以上
    (2023年3月時点)
  • 昇降機等検査員が300名以上在籍
    (2023年3月時点)

エス・イー・シーエレベーターの
募集要項を見る

育児・介護制度
を求めている人
におすすめの会社
中西製作所
(厨房機器の設備メンテナンス・保全)
中西製作所採用サイト

引用元:中西製作所採用サイト
(https://www.nakanishi.co.jp/recruit/)

おすすめの理由
  • 家族や友人に入社をお勧めされる
    「ホワイト企業認定」
  • 配偶者出産の休暇や育児休暇の取得もサポート
  • 各社員が平均10日間程度の取得を実現

中西製作所の
募集要項を見る

     
 

【 このサイトに掲載する会社の選定条件 】
2022年1月13日時点、「設備メンテナンス 採用」「設備メンテナンス 求人」「設備メンテナンス 転職」等でGoogle検索し、公式HPに中途向けの設備メンテナンスに関する求人を掲載している67社を選定。
【3選に掲載する会社の選定条件 】
上記会社の中から、希望の勤務地の求人が見つかりやすいよう「北海道、宮城、神奈川、愛知、大阪、広島、福岡」に拠点がある会社を選定。加えて以下の条件をもとに3社を選定しました。
・グリーンテック…未経験者向けの求人があり、国家資格を含む 10 種類以上の資格が会社負担で取得可能(該当企業の中で唯一)。
・エス・イー・シーエレベーター…高専卒の月収が最も高い(該当企業の中で唯一)。
・中西製作所…該当企業の中で唯一「ホワイト企業認定」「 2022 年認定くるみん」を取得している。

 
※参照元:中西製作所公式HP(https://www.nakanishi.co.jp/recruit/company/index.html)